妊婦用便秘解消サプリメント|人気ランキング

ママと赤ちゃん「妊娠中だから、自然な方法で便秘を解消したい」
「できるだけ便秘薬を使いたくない」
「食品で便秘を解消したい」
そんな妊婦さんのための便秘サプリ人気ランキングです。

妊娠中も安全に使えるサプリメントだけを厳選し、人気を比較しました。
 

妊婦さんの「便秘サプリメント」の選び方 3つのポイント

  • 植物性下剤が入っていないものを選ぶ
  • 原材料が安全なものを選ぶ
  • あなたが続けやすいものを選ぶ

「即効性の高いもの」は、妊娠中の体に大きな負担をかけてしまいます。

安全で、続けやすいものを選び、数日~1週間以上かけて、ゆっくりと自然にスッキリできる体質にしていきましょう。

 

妊婦用便秘解消サプリメント 人気ランキング

1位
カイテキオリゴ【妊娠前からの頑固な便秘にも◎】

カイテキオリゴカイテキオリゴの評価

赤ちゃんにも使える安全な食品である上に、即効性も抜群と、口コミで大人気。

「3種類の高純度オリゴ糖」だから、あなたの大腸に住んでいる多くのビフィズス菌に働きかけることができます。

赤ちゃんから高齢の方まで使えるため、日本で一番ママに愛される商品となりました。

飲み物やヨーグルトにスプーン1杯を混ぜるだけなので、
とても手軽で続けやすいです。

頑固な便秘の方や、妊娠前から便秘症状がある方に向いています。

 

 


2位
するっと抹茶【葉酸やビタミンもたっぷり】

するっと抹茶するっと抹茶の評価

便秘解消だけでなく、妊婦に必要な葉酸やビタミンなどの栄養素がたっぷり含まれています。

「水溶性食物繊維」がお腹の調子を整え、便のかさを増やし、便をやわらかくしてくれます。

また、食事でとった糖やコレステロールをブロックする作用があるため、妊娠後期におこりやすい合併症の予防にも役立ちます。

栄養も一緒に摂りたい方や、妊娠中の合併症が心配な方に向いています。

 

 


3位
イサゴール【食べ過ぎの防止にも◎】

イサゴールイサゴールの評価

イサゴールは、「おなかの調子を整え、コレステロールを下げる効果がある」と認められ、特定保健用食品(トクホ)を取得している商品です。

主成分のサイリウムハスクは、お腹の中で水分を含んで30~40倍にふくれます。

少量で満腹感を感じるため、
食べ過ぎの防止になります。

便秘を予防したい方や、食べ過ぎを防止したい方に向いています。

 

 


便秘サプリを選ぶとき、妊婦さんが注意すべきこととは?

下剤入りの便秘サプリに注意!

便秘サプリの多くに、植物性下剤入りのものがあります。
当然、妊娠中には摂取を控えるべき商品です。

ところが、恐ろしいことに、商品のどこにも注意書きが書かれていない場合があるんです。
「妊娠中はご使用をお控えください」と、書かれている商品は、良心的なほうだといえます。

便秘サプリを選ぶときは、センナ、キャンドルブッシュ、カワラケツメイなどの植物性下剤が含まれていないかどうか、しっかり成分をチェックする必要があります。

原材料が安全なものを選びましょう

妊娠中は、食べるものにも気を使っている妊婦さんが少なくありません。
便秘サプリの原材料が安全なものかどうかは重要なポイントですよね。

安全な便秘サプリの判断は難しいかもしれませんが、

・NPO法人日本サプリメント協議会より安心安全評価製品として承認されている
・放射線含有物質含有量の基準値をクリアしている
・保存料無添加
・防腐剤無添加
・特定保健用食品

などを基準にして選ぶと安心かと思います。

続けやすくないと意味がない

妊婦さんが飲むサプリメントは、一回飲んで出して終わりという刺激的なサプリメントではなく、「続けることで腸内環境を整えるもの」が向いています。
即効性のあるサプリメントは身体に大きな負担をかけてしまいますので、控えるようにしましょう。

腸内環境を改善するためには、数日~数週間の時間がかかります。
どんなに良いサプリメントでも、続けられなかったら意味がありません。

・お値段は良心的か?
・飲みにくい味になっていないか?
・あなたが飲みやすい形態(錠剤・粉タイプなど)か?

サプリメントは続けやすいものかどうかも考えて選びましょう。

なぜサプリメントが必要なの?

妊婦

妊娠中の便秘の原因は、自分では回避できない

妊娠中の便秘の原因は、黄体ホルモンの影響や大きくなった子宮が腸を圧迫するためです。
他にも、運動不足やストレスなども便秘の原因になります。

これらはみな、「妊婦さん自身には、どうすることもできない」ことばかり。
唯一、運動だけは心がけることができるかもしれませんが、つわりがひどいときや体調の悪いときに無理はできません。

食事で改善するのは大変

便秘の解消は食事改善で行うこともできます。
不溶性食物繊維、水溶性食物繊維、オリゴ糖、乳酸菌を毎日バランス良く摂取すれば、便秘は改善します。

でも、これを実際に毎日実践することができますか?
これらの栄養をすべて食品で摂取するのは大変ですよね。
特に、水溶性食物繊維やオリゴ糖は、普通の食生活では不足しがちです。

妊婦さんは運動不足になりがち

毎日、有酸素運動を行ったり、腹筋を鍛えていれば、便秘にはなりにくいものです。
しかし、妊婦さんが実践するのはむずかしいことです。

つわりがひどい時もあれば、お腹が張って痛むときもあります。
そんなときは、安静にしている必要があります。

また、妊娠後期になり、お腹が大きくなってくると、どうしても腹筋をうまく使うことができなくなります。

 

上記の理由から、妊婦さんが自力で便秘を解消するのは、なかなか難しいことだといえます。
だから、便秘サプリメントを使用して腸内環境を改善し、便秘解消をサポートすることが有効なんですね。

 

サプリメントが便秘に効くのはどうして?

オリゴ糖

サプリメントを飲むと、どうして便秘が解消されるのでしょうか?
それは、さまざまな有効成分が、便秘解消をサポートしてくれるからです。

妊婦さん向けの便秘サプリメントに含まれていることが多い、有効成分を詳しくご紹介します。

オリゴ糖

オリゴ糖は、善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やす働きがあります。

腸内環境は腸内細菌のバランスで成り立っています。
便秘の人は悪玉菌が多い状態です。

そこで、オリゴ糖を摂って善玉菌を増やします。
善玉菌が増えれば、悪玉菌が減少します。
それにより、健康な腸になるというわけです。

人間の小腸にはオリゴ糖を分解する酵素がないので、口から摂ったオリゴ糖は大腸までしっかりと到達します。
早い人は1週間ほどで効果が体感できます。

食物繊維

食物繊維には、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があり、それぞれ役割が違います。

水溶性食物繊維

・水に溶けてゲル状に、便を柔らかくする
・糖質の吸収をコントロールする
・余分なコレステロールを吸着し、排出する

不溶性食物繊維

・水分を吸収して便の量を増やし、腸管を刺激してぜん動運動が起こります。
・胃と腸の有害物質を排出する。
・腸内の善玉菌を増加させて、腸内環境を整える。

妊婦さんは、特に水溶性食物繊維をしっかり摂ると、便が柔らかくなって排便しやすくなります。

乳酸菌

オリゴ糖と同じく、腸内環境を良くする働きのある乳酸菌。
毎日摂ることで、腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やします。

オリゴ糖と比較すると、乳酸菌のほうが効き目が緩やかです。
1ヶ月、2ヶ月と、続けていくうちにだんだん改善していくのが乳酸菌です。

乳酸菌を含むサプリメントのデメリットとして、人の腸内に住み着いている乳酸菌とは異なるため、いくら摂っても腸内に留まってはくれず、便と一緒に排泄されてしまいます。
なので、一度に多く摂取すれば良いというわけではなく、毎日、継続して少しずつ摂取することが重要になります。

 

妊婦さんが飲んではいけない便秘サプリメントの成分

バツサインを出す医師

センナ

センナは様々な健康茶、便秘茶に使われている植物ですが、
妊婦さんはセンナが含まれているお茶を飲まないようにしてください。

センナに含まれる、センノシドという成分に下剤作用があります。
様々な便秘薬、下剤に使われている成分です。

センノシドは、子宮収縮を誘発して、流早産の危険性を高めるとされていて、
妊婦禁忌薬に指定されています。

キャンドルブッシュ

「キャンドルブッシュ」
「ゴールデンキャンドル」
「カッシア・アラタ」
「タイヨウトウ」
「ハネセンナ」
「クリスマス・キャンドル」

これらは、すべて同じ植物のことをさします。
キャンドルブッシュにはクリソフェノールや、
センナに含まれるセンノシドという下剤成分が含まれています。

キダチアロエ

アロエにはアロインという成分が含まれていて、これに健胃効果・便秘解消・消炎作用などがあります。
健康効果が期待できるアロインですが、この成分の副作用に子宮収縮作用があるんです。

アロインをたくさん摂らないようにすれば心配はいらないようですが、もしもがあってはいけませんので妊婦さんはキダチアロエは避けたほうがいいです。

カワラケツメイ

カワラケツメイに効能には、利尿作用や緩下作用、最近ではダイエット効果もあると言われています。

カワラケツメイの緩下作用はアントラキノン誘導体という成分によるものです。
大腸を刺激するアントラキノン系の成分は子宮収縮を促す危険性があります。

また、タンニンも含まれ鉄分吸収を妨げてしまうため、妊婦さんは摂らないほうがよいでしょう。

その他

エビスグサ(ケツメイシ)、ハブ草、延命草、ハトムギ、ローズマリー、クコ葉、アマチャヅル、オオバコ、どくだみ。
これらの成分も、妊娠中は摂取を控えた方が良いです。

ここに記述したもの以外にも、妊婦禁忌の成分はあります。
聞きなれない植物が使われているサプリメントは、一度成分を調べてみるほうが安心です。

 

サプリメントの欠点

人によって合う合わないがある

すべての人に効果があるサプリメントというのは存在しません。
人気のあるサプリメントでも、どうしても一定数、合わない人というのがいます。

サプリメントを選ぶときには、口コミなどで大多数の人が喜んでいる商品を選んだほうが当たりをひく可能性は高いですが、それでも合わない場合もあると覚えておきましょう。

ずっと続けるのはお金がかかる

1年、2年、サプリメントを続けるとしたら、その間ずっとお金がかかります。
サプリメントを選ぶときには、1日あたりの金額があまり高くないものだと嬉しいですね。

管理人推奨のカイテキオリゴは、一日85円程度で続けることができます。
ジュース一本分より安いので、半年ほど続けましたが苦になりませんでした。

半年後は、カイテキオリゴをやめても、ずっとお腹の調子が良く、腸内環境がしっかり改善されたのを実感できました。

 

サプリメントが効かなかったときはどうしたらいいの?

困る女性

1日1回飲んでいる人は朝晩飲んでみる

オリゴ糖でも、お茶でも、乳酸菌でも、もし1日1回しか飲んでいないなら、朝晩2回飲んでみましょう。
一日の使用量は、サプリメントの説明書きをしっかり読んで、守ってくださいね。

同じ量でも、2回に分けることによって効果を感じられる場合があります。

サポートに電話して相談する

良心的なサプリメントの会社ならば、サポートセンターが設置されています。
サプリメントを飲んでも効かなかった場合は、サポートセンターに電話して相談してみましょう。

効果的なサプリメントの飲み方や、飲む時間帯などを教えてくれたりします。
他にも、あなたに合った効果のある生活習慣などをアドバイスしてくれるかもしれません。

それでもダメなら返品する

サプリメントがあなたに合わなかったという場合もあります。
飲み続けても全く効果を感じられなかった場合は、返金してもらいましょう。

最初に全額返金保証付きのサプリメントかどうか、確認しておく必要があります。

▼産科医推奨
>>全額返金保証付きの便秘サプリメントはこちら

 

妊婦用便秘サプリメントランキングまとめ

妊娠中は、赤ちゃんに会えるまでの大切な大切な期間です。
さまざまな体の変化に悩むかもしれません。
せめて便秘くらいは治して、少しでもストレスを減らしたいですよね。

当サイトが安全な便秘サプリメントを選ぶお手伝いになれば、幸いです。

赤ちゃんが産まれるその日まで、どうかあなたが健やかに過ごせますように。